DOSANKO Rider's CHANNELはこちらから

英語で話せるようになるにはオンライン英会話が最適だった。英語力を伸ばしたい方へ



くま

最近、英語をガチで独学しているくまです。



本記事では英語で話せるようになるには。

英語のスピーキング能力を向上させるためをテーマにしてお伝えさせていただきます。



結果から申し上げますと、スピーキングを鍛えるにはオンライン英会話が最適でした。

オンライン英会話が最適だった理由。

最終的に英会話に至った理由をシェアさせていただきます。



これからスピーキング能力を鍛えたい方。

英語の勉強をしていらっしゃる方。

参考にしていただけると幸いです。





英会話の出来なさを痛感しました



英語は4技能あります。

リーディング、ライティング、リスニング、スピーキング。

英語を勉強しているからには全て習得したいです。



この中でもインプット行為にあたるリーディングとリスニングは普段の学習で行うことができます。

英語学習の主はこの2つではないでしょうか。私もそうでした。



しかし、この2つを継続し続けた結果あることに気づきました。



アウトプットが全然できない。

アウトプットのレベルが非常に低い。



これに気づいたのは、言語学習用SNSのHelloTalkで知り合った友人と会話をした時です。



自分の感情を言葉に全然できませんでした。

会話が終わった後に冷静になると、頭の中で文章の構築ができるのですが、

瞬間的にとなるとかなり難しい。



スピーキングは別次元。

実際に会話をしていても瞬間的に言葉が出てこない。

スピーキングは会話をすることでしか体得できないものだと実感しました。



英会話以外も話す方法はあるが・・



スピーキング能力向上のために色々なものを試しました。

言語学習向けのSNSを始めてみたり、

言語学習者が集まるコミュニティに参加してみたり、

果てはiPhoneのSIRIに話しかけてみたり(笑)

私が試して評価したものを表にまとめるとこんな感じ。



効果費用時間効率
言語学習向けSNS(Hello talk)
言語学習コミュニティ
AI(SIRI)×
オンライン英会話


最初は言語学習向けSNSで友達を見つけてスピーキングの向上を図ろうと思いましたがダメでした。

・相手との時差が大きいこと。

・人によって本気度が違うこと。

・英語を教わるということは、日本語を教えなければならないこと。

・お互い言語学習の先生ではないこと。

このような原因でHelloTalkでの学習は諦めました。



次に、言語学習コミュニティに参加しましたが次の理由でダメでした。

・4人〜8人程度のグループトークなので、自分が話す機会が少ない。

・参加する人にレベル差がある。

・自分がアウトプットする機会が少ないので、時間効率が悪い。



もちろんSIRIもダメでした(笑)



最後に行き着いたのがオンライン英会話です。

オンライン英会話は費用が高かったのでなるべく避けていたのですが、

残された道はオンライン英会話しかありませんでした。



最終的にオンライン英会話を選びました



私が始めたのはDMM英会話。

DMM英会話を選んだ理由は、

費用が比較的安かったこと

学習教材が面白そうだったこと

Iknowという学習アプリが使えたこと



料金は1ヶ月で6480円(税込)と安くはありませんが、

本気でスピーキングを極めたかったので、オンライン英会話をスタート。

最初のレッスンはめちゃくちゃ緊張して全然話せませんでした。



オンライン英会話の効果は絶大だった



1対1で会話ができるオンライン英会話は効果絶大でした。

1レッスン25分ではありますが、その間はずっと喋りっぱなし。

25分という時間はかなり長いと私は感じました。



ですが、1ヶ月も英会話を続けていると、先生の話していることが概ねわかるようになり、

それに対する返答も即座に出てくるようになりました。

瞬間的に複雑な文章を構成する能力は足りていませんが、確実にスピーキング能力を前進させることができました。



今日の気づき



くま

スピーキング能力向上は英会話が一番の近道!



私も引き続き、オンライン英会話を継続していきます!

英語マスターに俺はなる٩( ‘ω’ )و(死語)



最後まで記事を読んでいただいてありがとうございます。

それでは次の記事で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です