DOSANKO Rider's CHANNELはこちらから

バイクで荷物の持ち運びは。リュックサック?ショルダーバッグ?ホルスターバッグ?



くま

バイク用バッグ選び迷走系ブロガーのくまです。



バイクで出かけるときの荷物。みなさんはどうしてますか?



今の現代社会で生きていくと荷物やたら増えませんか?

ポケットに収まる程度の荷物なら良いのですが、財布にスマホ、鍵にデジカメ。

女性ライダーなら化粧道具などなど・・そういうアイテムも増えますよね。



大量の荷物に大苦戦。



とてもじゃないけどポケットには収まんないんです。



そんな時はもちろんカバンを用意するのですが、ツーリングにはどんなカバンを選べばいいのか。



私はツーリングに最適なバッグを見つけるのに非常に苦労しました。

いや・・今使っているバッグよりもさらにいいものがあるかもしれない。

そんなことを思いながら、今でも最適なバッグ選びに明け暮れております。



それでも今使っているものはかなり正解に近いカバンだと思っており、落ち着いている状況です。



今回の記事は、私のZX-14Rのような前傾になるバイクに乗っている方に向けて、バッグ選びの参考になる記事となっております。

今回は私が迷走して迷走して迷走したカバン選びのことと、最終的に落ち着いているカバンのご紹介をしていきましょう。



ツーリングのバッグ選びに困っている方。参考にしていただけると幸いです。





ショルダーバッグからスタート

まず最初に使っていたのがショルダーバッグ。

ショルダーバッグはいくつか使用してみました。

最初に使用していたショルダーバッグ


MONTBELLのショルダーバッグを使ってみたり。なんかいろいろ使ってみました。

次に使ってみたMONT -BELLショルダーバッグ


ショルダーバッグには多くのメリットがあります。

  • ショルダーバッグのメリット
    • 物によっては収納力が高い
    • 肩にかけていても負担が少ない
    • 物をすぐに取り出せるので使い勝手が良い


それであればバイクに使ったって全然いけるでしょうということで、必要なものをたくさん詰めて、背負って、いざツーリング!!!

ライディング姿勢をとってもそこまで負担にならないぞショルダーバッグ!!

そう思いながらツーリングをしていたのですが、ツーリングを始めてすぐに気づきました。。



くま

とにかくバッグがずれる。



これが致命的なデメリットでした。

いっぱい荷物を詰めていると、重さでバッグがずれてくる。

これがライディング中に非常にストレス

少しの間我慢してショルダーバッグを使い続けていましたが、我慢の限界がきてやめてしまいました。



次はバックパックをチョイス!

ということで、ショルダーバッグはツーリングには全然向きませんでした。



そして次に使い始めたのがバックパック!

これは使っている方多いと思います。

ツーリングしている方でリュック背負っている方けっこういますよね!

もちろん私もバックパックに手を出しました。

使っていたリュックがこれ。



もしくはこれ。



  • バックパックのメリットは
    • 積載量が最強
    • ライディング中もずれることはなし


バックパックは良いところがたくさんあるのですが、

やはりどうしても我慢できないところが出てくる。

それが・・



背中が重いの我慢できない。。



唯一のネックです。

やっぱり背中重い。

しかも私のメインバイクはZX-14R。かなり前傾姿勢になるバイクです。

リュックの重みが完全に背中にくるのです。

これが結構辛い。

リュックに荷物を詰めれば詰めるほど体に負担がかかる。



リュックが間違いなく積載量抜群なのですが。。

長距離ツーリングになればなるほど辛くなるのは耐えられませんでした。



最終的に行き着いたのは・・

色々バッグ選びで迷走してきました。

そしていろいろ迷走した後にたどり着いたのが・・

ホルスターバッグ。

私が使っているのがこれ。

ホルスターバッグについてはレビュー記事がありますので、こちらもご覧くださいね!



これは腰と太ももに紐で固定するタイプなのですが、これが意外と落ちてこないしズレない。

荷物をパンパンに入れても、若干足元に重さを感じるもののストレスは一番少ない。

ライディング中も邪魔されることがないのでバイクの運転もかなりストレスフリーです。

ただし積載量はリュックには勝てません。



私がこのホルスターバッグに入れているものは

  • 小銭入れ
  • iPhone12 pro
  • モバイルバッテリー
  • キーケース
  • ウェットティッシュ(シールドを拭くため)


このくらいの荷物を入れてホルスターバッグはほぼ満杯です。

これじゃ容量が足りないという方には使えないかもしれません。

このバッグを使うようになってから、ツーリングに持っていく荷物を厳選しました。

なのでこのホルスターバッグでなんとかこと足りています。



ホルスターバッグは私のような前傾姿勢のバイクに乗っている方にはオススメです。バイクの運転が楽になります。

ということで、私は今のところホルスターバッグで落ち着きました。



荷物が増える時は・・

とはいえ、ホルスターバッグだけでは対応できない場合は必ずあります。

・デイキャンプをするとき

・途中で雨が降りそうだから雨具を持っていくとき

・お土産を買う予定があるとき

そんな時は、シートバッグを利用するようにしています。

後部座席に取り付けるバッグです。



くまが使用しているシートバッグ(記事)


これがあれば背負う必要もないし、ライディングの支障になることも少ないです。



今日のくまナビ

荷物を減らす努力も必要

バイクへの積載方法はいろんな方法、いろんな用品があるので、やり方次第ではいくらでも荷物を積載できます。

ですが私は積載できる容量を増やすのではなく、積載する荷物を減らす努力をしています。

荷物が増えると走行中の重心が安定しなくなったり、荷物がふらついたりと、走行に支障をきたす可能性があると私は考えているので、なるべく荷物は少なくしています。

そのほうが必要なものが洗練されていて好きなんです。



今回はツーリングのカバン選びについて書かせていただきました。

参考になれば幸いです。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です