DOSANKO Rider's CHANNELはこちらから

カブに化学合成油ウルトラG3を入れる。オイル交換頻度ってどのくらい?



くま


クロスカブにご馳走を与えてやったぞ!



私の愛車、クロスカブ110。

超高級オイル、100%化学合成油HONDAウルトラG3を与えてみました!



ですが、もともと毎回こんな高級オイルを与えている訳ではありません。

今回ウルトラG3入れたのは、クロスカブの推奨オイルであるウルトラG1がモデルチェンジにより値上がりしたためです。



今までのウルトラG1は鉱物油だったので1ℓ缶で1,000円を下回るコストパフォーマンスだったのですが、モデルチェンジにより部分合成油となったため値段が上がりました。



エンジンオイルには油種が3つあります。

1番上から化学合成油、部分合成油、鉱物油の3種類。

化学合成油が不純物が少ないく1番良い油です。耐熱性に優れ、油の劣化や耐久性にも優れています。

一般的に油として良い順番は化学合成油、部分合成油、鉱物油。

ただし、クラシックカーなどの古い車は鉱物油しか対応していない場合もあるそうです。



ウルトラG1でもAmazon価格で約1,200円程度となってしまったため、

それであればウルトラG3(約2,000円:Amazon価格)までいったれ!!

ということで今回入れてみました。



HONDAホームページから引用させていただきました。

ウルトラG3の方が全体的に性能は高いのは言うまでもありませんが、

通勤・通学・寒冷地に関してはウルトラG1の方が性能が高いようです。

5W-30と10W-30なので粘度に違いがありますね。

10月や11月になったらウルトラG1に方がいいかもしれない。。







購入したウルトラG3がこちら。

オイル缶のデザインがかなり変わってかっこよくなっています!

全体的に黒をベースとしたパッケージ。

高級感があります。



左側に見えるのは、オイルフィルター。

KITACOのオイルフィルターを購入。



今回はOリング付きのオイルフィルターしか在庫がなかったので、これを購入しましたが、

クロスカブのOリングはそんなに劣化するものじゃないので、オイルフィルター単品の購入で良いと思います。





みなさんカブのオイル交換はどのくらいの周期で行っていますか?

私は1,500kmくらいで行っています。

バイクの説明書にはそこまでやるようには書いてないのですが、

カブのオイル交換は800mlしかオイルが交換されないので個人的にはまめにやりたいという思いです。



さっそくオイル交換を始めましょう。

まずはオイルを抜く作業から。

クロスカブのオイルを抜く場所は下の写真のボルトを外します。

私のバイクは後付けのアンダーガード(泥除け)があるのでオイル交換やりにくい
アンダーガードの板を外して、別角度から撮影。


バネ力が効いているので取り外しにくいボルトです。

ボルトを取り外したときにバネ力で強い勢いで外れて、バネとストレーナー(汚れをキャッチするフィルター)が飛び出てきますので注意が必要です。



今回は約1,100kmでオイル交換を実施しました。早めの交換です。

1,100km走行したウルトラG1のオイル色です。



まだどす黒くはなっていないですが・・・結構汚れていますね。

1,100km走っただけでこの色です。



まだ総走行距離6,500km程度しか走行していないエンジンなのでオイルも汚れにくいと思うのですが、オイル総量が少ないせいか汚れるのも早いのかも。



クロスカブのオイル交換量は800mlです。

オイルフィルター交換の有無に関わらず800mlなので、1ℓ缶を購入すると200ml余るんですよね。

なので私は古いオイル抜きを途中で止めて、新しいオイル200ml足し、少しエンジンを回します。

こうするとエンジン内に残る古いオイルを減らせるからです。



ただし、規定量より少ないオイルでエンジンを回すことになるので、あまりエンジンにはよくないかもしれません。

自己責任でやっております。



オイルの洗浄後、古いオイルを完全に抜き切って・・・

オイルフィルターを交換しましょう。



オイルフィルターはここにあります。2箇所のネジを外します。

ここも内側からバネ力がかかっております。ネジを外すとカバーが飛んでくる可能性がありますので気をつけましょう。

フィルターカバーを取り外した状態


古いオイルフィルターはこんな感じ。3,000km程度使用しました。

新しいオイルフィルターに付け替えて・・・



それから、今回はパッキン付きのオイルフィルターを購入しましたので、パッキン類も交換しましょう。

交換するパッキンの箇所は

オイルドレンボルト

オイルフィラーキャップ

オイルフィルターカバー

以上3箇所のパッキンを交換しました。



使っていたパッキンは全然劣化していませんでした。

パッキンの交換は10,000kmに1回くらいでいいような気がします。

そんなに痛むものでもありません。



オイルフィルターカバーを締めて、

オイルドレンボルトも締めて、

800mlのオイルを充填します。

完成。



さっそく走ります!

んーーーー。。



くま

エンジン音がマイルドになった感じがする笑。



完全に個人的感覚の話です笑。

ウルトラG1を使っていた時、60km/hで走行していたときに

金属の擦れるような音がしていました。

シャラシャラというか、カラカラというか。

エンジンのカムチェーンの音なのか?なんなのかはわかりませんが、その音がかなり軽減された感じがあります。



もちろんミッションの入りはかなり良くなりました。

オイルを変えたばかりの時はミッションの入りはかなり良くなるものですよね!

毎度のことながらこれはやっぱり気持ちいい。



高級オイルウルトラG3。

これから走ってみてどうなるか?

1,000kmや2,000km走ってもオイル性能を維持してくれたらこっちの方がコスパいいかもしれないしな。

走るのが楽しみです!



今日のくまナビ

私はクロスカブ110のエンジンオイルは1,500km前後で交換しています。

一般的にバイクのオイル交換周期は3,000kmくらいですが、

クロスカブ110はオイル総量が1ℓしかありません。

なので、かなりまめに変えています。



さらに、排気量が小さいバイクは大きいバイクと比較すると高速域でのエンジン回転数が上がるため、エンジンへの負担がかかります。

愛するバイクを少しでも長く乗りたいので、オイル交換は頻繁に行って悪いことはない。

燃費もいいバイクですし、オイル代くらいはけちらずに!



 

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。

それでは次回の記事で!



関連記事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です