DOSANKO Rider's CHANNELはこちらから

Mac初心者でもすぐに使えたM1 MacBook Air。最高のマシンです。



くま

M1 MacBook発売を機にMacデビューしたくまです。



私はMac OSも初めて、MacBookも初めて。

ずっとWindowsパソコンを使い続けてきました。

今回はそんな私が、ついにMac OSの世界に飛び込んでみました。



この記事では、MacBookに乗り換えた理由と2週間使ってみた感じたこと。

私のように今ままでWindowsを使ってきた方がMACに乗り換えるのはどうなのかについてお話しさせていただきます。



Windowsユーザーだった私がMacを購入した訳

ノートパソコンの買い替えを検討していた

ちょうどこの頃ノートパソコンを買い換えようと迷っていたところです。

一番の候補はMicrosoftのSurface。

私がノートパソコンを買い換えようと思っていた理由はいくつかあります。

・今使っているノートパソコンのバッテリが弱ってしまい、電源が常に必要。

・USB-CによるPD機能がないので、モバイルバッテリーからの給電ができない。

・ファンがやたら回るようになりうるさくなった。

・15インチノートパソコンなので重たい。もう少し軽いのが欲しい。



こんな理由からノートパソコンの買い替えを検討していました。

現在利用しているHP製のノートパソコンのレビューも記事にしておりますので参考までにご覧ください。

PAVILION15 2年間愛用したのでレビューします。



ただ、今使っているノートパソコンは性能が高く、動画編集にも利用しています。このスペックと同等のものをSurfaceで購入しようとすると20万円以上は簡単に超えてしまいます。

なので、Surfaceはあくまで事務文書などや動画閲覧だけの用途に絞って使おうか。などなど、色々考えてはみたのですが購入するには至っていない状況でした。



革新的なMacBookの発売?興味がわいた

ノートパソコンの購入を迷っている中、11月11日。

Appleから新しいMacBookが発売されることが発表されることを知りました。



発表時点で、

・処理速度がものすごいあがる

・バッテリー駆動は18時間

・ファンレス設計(MacBook Air)



今までのノートパソコンの常識を覆す代物が登場する予感でした。

あまりMacには興味がなかった私ですが、今までMacとはまるで違うものが発売されるということで興味が湧きました。



私の欲しいノートパソコンの全てがMacBookに詰め込まれている気がしてならない。そんな気がするMacBook。



最も大きく変わることは、コンピューターを構成する部品の全てがApple社製になること。

今までは、パソコンを構成する部品の一部はIntel社製のものが使われていました。

ですが今回のMacBookはそれすらもApple社製となり、M1チップとして新たなMacBookとなることということでした。

それによりこれまでのMacBookとは一線を画すものに仕上がっているということで発売の時が非常に楽しみになっていました。



発売後、買うことを決意

11月17日。

M1 MacBookが発売されました。

私も興味津々だったので、レビュー動画はまだかまだかと待ち侘びていましたが、有名YouTuberの皆様がどんどんあげてくれるのでほとんど動画を見たと思います。





さまざまなレビュー動画を見ましたが、みなさま揃って・・・



良いことしか言わない!笑



本当に悪いところないの?初めてのMacBookの初期型なのに不具合とかないの!?と思っていたのですが、そんな様子は全然なさそう。

それよりも、

・スペックが非常に高いので動画編集もサクサクできちゃう。

・バッテリー持ちが良いので、1日充電なしで仕事ができちゃう。



などなど、もう買わない理由がないくらい素晴らしいマシンのようです。



ちなみに、少しマニアックな話ですが、パソコンを性能を測るのにベンチマークというものがあります。この数字を見ても性能が非常に高いことがわかっています。

Surfaceベンチマークテスト

M1 MacBookベンチマークテスト

ちなみに私の購入しようと思っていたMicrosoft Surface Pro 7。

その最上位モデルと比較してもM1 MacBookの方が性能が上です。

にも関わらず、M1 MacBook AirであればSurfaceの半分以下の値段で購入できます。

心は完全にMacBookです笑。



気がかりはMacを使いこなせるか

私のようなWindowsユーザーがいちばん気になるのはここじゃないでしょうか。

WindowsユーザーがMacへ乗り換えると苦労するのではないか。

最悪の場合、Macが馴染まなくて使わなくなってしまうのではないか。

私もその懸念がありました。

その懸念は頭の片隅にあったのですが、M1 MacBookのスペックと値段が素晴らしすぎたので、絶対にMacを使いこなす!どんな思いをしてでも!と覚悟を決めて購入しました。

そして、11月21日。

気がつけばApple公式サイトでポチっていました笑。



私が購入したM1 MacBook Air

私が注文したMacBook Airのスペックはこちらです。



楽しみすぎてTwitterでもつぶやいていました笑。



少しカスタマイズしたモデルとなっております。

どのような選択をしたかと言いますと、

・MacBook Air上位モデル(8コアGPUモデル)を選択

・メモリを16GBへ増設

・SSDを1TBへ増設

・動画編集ソフトFinal Cut Proを購入



ワードやエクセルの編集、メール、動画閲覧など、それほど重くない処理であればメモリなどの増設は必要ないのですが、私の場合は動画編集もMacでやりたかったのでかなりカスタマイズしました。

カスタマイズすると納期が約1ヶ月かかってしまいます。

それまで気長に待ちましょう!



M1 MacBookが届きました

ただ感動

12月17日。私の家に届きました。

めちゃくちゃドキドキです。



開封。



・・・



美しい。



すみません。

おっさんが美しいとかいうのもどうかと思うのですが、ただただ美しかったです笑。

スティーブ・ジョブスが作品を作ると言っていた意味がわかります。

MacBookは本当に綺麗ですね。



苦労とはなんだったのか

最初の細かな設定を終えて、最初の画面が立ち上がりました。



まずは訳ものわからないMacを覚えていかなければならない!

という意気込みのもとMacを触りまくっていました。

使い方を覚えるまでにえらい苦労するんだろうな。



そう思いながら1日、2日と使っていったのですが・・・



すぐ馴染める笑。



すぐ馴染めました。

全然苦労することなく。



細かなショートカットキーの操作。

トラックパッドの使い方。

各ソフトがどういう役割かなど調べはしましたが、使い方が全然わからないということはなく、少し触っているだけでスッと体に馴染んでいく感じがしました。

私がiPhoneユーザーだからMacのインターフェースにも馴染めるのかもしませんが、

それにしてもMacは直感的で扱いやすいといわれるだけあって、その感じがよく伝わってきました。



使えば使うほど好きになるのがMacBookでした

この記事を書いているのがMacBookを使い始めてから約2週間。

今ではすっかり体に馴染んでいます。

細かい操作や、やり方など調べることは時々ありますが、もうすっかり普通に使うことができます。

むしろこの使い心地を覚えてしまうとWindowsには戻れません。

そのくらい上質で使いやすいノートパソコンです。

今までパソコンは道具という扱いでしたが、このパソコンは相棒です。

道具というポジションに置いておくことはできません。

いつ何時でも連れて行きたくなるようなノートパソコン。それがMacBookAirでした。



気に入っているポイントを紹介します

たくさんありますがお付き合いください!

・筐体が美しい

・薄くて軽い。持ち運びやすい

・サクサク動く

・バッテリーが長持ち。

・今使っているノートパソコンより充電器がコンパクト。

・モバイルバッテリーで充電できるので、どこでも充電できる。

・バッテリー満充電すればバッテリーのみで1日分作業できる。

・MacOSを初めて使ったがめちゃくちゃ使いやすい。

・トラックパットの操作が直感的でストレスなし。覚えるのも簡単。

・自動変換機能が非常に優秀。文字を打っている途中で勝手に変換してくれるのでブログ作成時間がかなり短縮されストレスがない。ブログ作成に没頭できる。

・ファンレスなのでとにかく静か。パソコンを使っている感覚がない。

・液晶がめちゃくちゃ綺麗。ただし、周囲が画面に反射してしまうのが嫌な時がある。

・MacOSがとにかく洗練されている。デスクトップに表示されているアイコンの場所、LAUNCHPADからアプリを非常に見つけやすいこと。

・iPHONEユーザーの方はMacBookがあると連携できてすごい良い。例えば、AirDropで簡単にデータの送受信を行えること。iCLOUDを同期すればメモやリマインダーやスケジュールなどを共有でき、iPHONEからでもMacからでも編集ができる。

・Macの操作にすぐ慣れる。感覚的に近いものがあるので、MacBookに乗り換えても使えるようになると思う。個人的にMacOSは難しいイメージだったが全然そんなことはなかった。

・Magic Keyboardのタッチ感がきもちよい。タッチ感の感触を伝えるのはかなり難しいが、タッチしていてかなり気持ち良い。適度な反発とストローク距離、キーの押す重さなど非常にストレスが少ないくて良い感じ。かなり考えて作られているのが伝わってくる。

・コストパフォーマンスが高い。MacBook Airの最下位モデルは税込115,000円程度だが、これでもめちゃくちゃスペックが高い。こんなパソコンを出してしまったら他に競合がいないんじゃないかと思ってしまう。

・Finderの操作性は好き。Windowsでいうところのエクスプローラーに相当します。ファイルのコピーや削除などを行うための場所です。MacはWindowsより操作性や視認性が良いと感じました。ファイルのコピーや削除などの管理はプレビュー画面や作成日時など、すぐにパッと出てくる。動作もMacの方が速いと感じる。



たくさん書きすぎてしまいました。でもそれくらい感動しています。

文章では書ききれませんが、ほんととにかくMACBOOKが好きになりました。



パソコン作業が好きになる

筐体に無駄がなく洗練されている。

トラックパットのおかげで操作性が良くパソコンが楽しくなる。

キーボードは打ちやすくショートカット機能も多彩で使いやすく、いつまでもブログを書き続けられる。

バッテリーがいつまでも持つので充電ケーブルが必要なく、配線でイライラしない。

動作がサクサクなので処理待ちなどのイライラが一切ない。

ファンレスなので、とても静かで集中できる。



こういった要素はパソコン作業のストレスを軽減してくれるので、パソコンでの作業が好きになります。



今もブログを執筆していますが、とにかく書き出したら止まらない。



くまのブログ執筆風景


外部SSDも接続可能なので、今は外部SSDを接続し、こちらにデータをおくようにしています。



SanDiskの外付けSSD
右上にSSDのアイコンが出現しています。問題なく動作します。


パソコンが良くないせいでブログを書く気力が失せてしまったり、動画を作る気力が失せてしまったりというのは非常にあるんです。

毎日のように作り続けていくと、ちょっと動作が重いだけでもイライラしてしまったりするんですよね。それだけパソコンの動きは重要なんです。私はブログや動画のプロではないですが、それを職業とされている方はパソコン選びは絶対に重要ですよね。



このMACBOOKは私が仮にプロのブロガーになったとしても使いたい一台です。

MACBOOKはそんな一台です。

仕事もプライベートもこれ一台でこなせます。

本当にそんな素晴らしい一台。

これを使ったことで今までのノートパソコンの常識が覆されました。



これからはノートパソコンの常識がこのM1 MACBOOKのようなパソコンに置き換わっていくような気がしてなりません。

200,000円もの非常に高い買い物でしたが買ってよかった。買って後悔はありません。買わない方が後悔していたかもしれません。

これからも毎日使い続けること間違いなしです。

ということで今回はMACBOOK愛を語らせていただきました。



最後まで記事を読んでいただいてありがとうございます。

くまでした。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です