DOSANKO Rider's CHANNELはこちらから

Rebel(レブル)1100発売!?レブルの徹底比較。くまのレブル選び



くま

アメリカンについてあまり知らないのですが、レブルだけは大好きくまです。



私がレブルを好きな理由はスタイリッシュで無駄のないこと。

アメリカンスタイルなので安定性がありゆったり走れそうな印象を受けるからです。

アメリカンスタイルはごつくてでかい!そんなイメージですが、レブルにはそれがなくて好き。



そういえば、レブルってアメリカンに見えますよね?でもアメリカンではないようです。

レブルはバイクの中でもどのタイプに分類されるかというと、ロードスポーツに分類されるようです。



そして、先日こんな発表がでました。

Rebel1100が国内市場でも発売される!





海外ではすでにプロモーション用の動画もアップされています。

非常にかっこよい。

早く国内でもお目にかかりたいですね。

洗練されていて、無駄のないこのボディが好きです。

動画の序盤では街中での軽快な走りがみられます。1100㏄でも自在の操ることができそうな様子が伝わります。


現在、国内市場のレブルは250㏄と500㏄がラインナップされています。

1100㏄がラインナップされたら幅広い排気量で出揃う感じになりますね!



私も密かにレブルの増車を・・・計画しているのですが叶うかどうか笑



それにしてもレブル250,500,1100の3台。

いったい何が違うのか。どれを購入しようか。

迷います。



ということでさっそく比較が必要ですね!



3車種のスペック比較

スペック上で比較してみたいと思います。スペックの比較は下表のとおり。

レブル1100に関してはMT仕様でYoung machine様の記事を参考にさせていただきました。





Rebel250Rebel500Rebel1100
全長[mm]220522052240
全幅[mm]820820853
全高[mm]109010901115
シート高[mm]690690700
車両重量[PS]264684
最高出力[N・m]224398
車両重量[kg]170190223
燃費WMTCモード値[km/L]34.127.0
キャスター角[°]282828
トレール量[mm]110110110
価格[円税抜]545,000727,0001,100,000
Rebel1100の燃費情報を見つけることができませんでした。
ご存じの方いらっしゃいましたらコメントいただければ幸いです。


※2021年1月3日追記

 Rebel 1100の価格が決定したようです。MT車は¥1,1000,000。



こうして見ると違いがあるのはエンジン特性と、それに伴って車両重量が異なるだけですね。

レブル250と500に関しては車体は同じようです。

レブル1100は車体が少しだけ大きいですが、そこまで大きな違いはありません。



これだと純粋にエンジンのパワーがそのまま走りの力強さに直結しそう。

1100㏄だとものすごいトルクを生み出してくれそで、立ち上がりが楽しそう。

1100㏄の大きなエンジンになっても、レブルの無駄のないスタイリッシュさを維持しているのは個人的に好きです。レブルの良い外観がそのまま活かされていると思いました。

無駄をそぎ落とし、価格も据え置き。今の時代に合うミニマルなバイクだな。という強い印象を受けます。



レブルオーナー様の生の声。メリットデメリット。

私はレブルオーナーではありません。

これからレブルオーナーになりたい一個人として、レブルオーナーさんの生の声を調べてまとめました。



レブル250

ディアーガレージ様のブログ

【低身長の味方】レブル250の良い所を 低身長男子がインプレッション

レブル250のオーナー様のブログ。

良い点がまとまっていたので参考にさせていただきました。

 ・低身長でも足つきが良い

 ・運転姿勢が楽

 ・燃費が良い

 ・エンジンの振動が心地良い

 ・高速道路でも安定感がある

 ・250㏄とは思えないサイズ感

【納車から2年】レブル250のここが良くない!!【デメリット】

デメリットも記事にしていらっしゃいましたので参考にさせていただきました。

 ・ギアポジションがない

 ・タコメーターがない

 ・ペダルの位置が低い

 ・ハンドルが遠い

 ・足が窮屈(高身長の場合)

 ・追い越しがしんどい

 ・外装がさびやすい

 ・マフラーの傷が目立つ

 ・シート下の収納がゼロ

 ・サイドバッグを増設すると

  ヘルメットロックが使えなくなる

 ・右ウインカーが出しにくい

 ・タンデムシートが硬い

メリットとして、人を選ばない運転のしやすさや安心感などがある印象です。

個人的にプラスしたいのはこのスタイリッシュなデザインもメリットに是非入れたいところですね!



逆にデメリットも非常に多いですね笑

全体的に低コストや、無駄をそぎ落としたことによる弊害がデメリットととして表れている印象ですね。

さびやすい点についてはこまめなコーティングやグリスアップが必要ですね!

機能性などのデメリットについてはカスタムで対応することも可能な感じ。



UKKIY’S HOME様のブログ

レブル250の良い所悪い所、2018年まとめ

こちらもRebel250のメリット・デメリットについての記事を参考にさせていただきました。

 メリット

  ・唯一無二のデザイン

  ・250クラスとしては大きな車格

  ・吹け上がり良き水冷単気筒エンジン

  ・驚愕の燃費

  ・軽い車体

 デメリット

  ・ふにゃふにゃの足回り

  ・サビるパーツ、剥げる塗装、弱いゴム

  ・メーター結露

  ・振動問題

やっぱりデザインですよね!この唯一無二感。すごくわかる。

燃費も単気筒エンジンらしく非常に優秀のようですね。

長距離ツーリングで燃費が良いのは嬉しいところ。



逆にデメリットも多いですね。

コストを抑えるために生産がタイであるということも影響しているのでしょうか。

パーツ周りにトラブルが多いようです。



それでも全体的には良いバイクという印象をお持ちのようです。



レブル500

レブル500についての個人ブログ記事を見つけられなかったので、

Webike様のレビューから参考にさせていただきました。

車体がレブル250と共通なので、レビューの内容も近い印象を受けました。

あとは、山道走行が多くトルクが必要ならレブル500を、平坦な道が多いならレブル250でも十分。といったところのようです。



くまがレブル250にまたがったときの感想

私がバイク屋さんでレブル250にまたがった時の話をさせていただきます。



またがった瞬間の印象は、こんなにも足がつけるのか!!

今までネイキッドやメガツアラーに乗ってきた私としては異次元の足つき。



レブルはアメリカンではないとは言え、アメリカンルックな外観。

アメリカンに乗り慣れていない私にはシートがものすごい低く感じました。

ライディング姿勢はアメリカンだよなぁこれ。



そして、オーナー様のレビューでも書かれておりましたが、確かにハンドルまでの距離が長いイメージを受けました。

長時間のツーリングにさいして、このハンドル位置がどのくらい疲れとしてでるのか。

これはツーリングしてみないとわからないところです。



くまがレブルを買うなら

オーナー様のレビューを拝見させていただき、デメリットもたくさんありますが、やはりほしいレブル。

デメリットの内容についてはカスタムや工夫などで対応できそうな項目が多かったので、そこまで問題ないだろうという個人的な見解です。



250, 500, 1100と・・どれも迷うところです。

1100という力強さとスポーティーさも体感してみたい。

しかし経済性や必要最小限にとどめた250㏄を選ぶのもよし。

250㏄では山道や上り坂は力不足かもしれないから500㏄もありか・・・

などなど。思い出したらキリがない。



いろいろシミュレーションしてみましたが、私がメインのバイクとして使うのであれば、レブルl1100を選びます。

250㏄や500㏄と変わらないボディに1100㏄のエンジンを詰め込んだ走りを体感したい。

1100㏄で走っていきたい。その気持ち1点です。



しかし私は、ZX-14Rというメインのバイクを持っています。

その点も加味して考えると、レブル250を選びます。

理由は使い分けです。

ZX-14Rという爽快なバイクで爽快な走りをするツーリング。

レブル250というクルーザースタイルでゆったりとした走りをするツーリング。

その時の気分でツーリングスタイルを楽しむため、キャラクターの大きく異なる2台が欲しいからです。



バイク選びは楽しい

まだ買うかもわからないバイクを一生懸命語らせていただきました。

バイクって乗るのも楽しいですが、選ぶのも楽しい。

祭りも楽しいけど、祭りの準備をしているときが一番楽しい。と同じ感じだと思います。



これからレブルの購入を検討されている方々。

自分の一番納得のいくレブルが見つけていきましょう!

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。



くまでした。



それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です