DOSANKO Rider's CHANNELはこちらから

バイクの保管は外置きにバイクカバーでも大丈夫だった。

 

・バイク車庫をどうしても持てない方

・バイクの保管に困っている方

 

バイクを購入したいけど保管場所がないから購入できない。外に置いておいたらすぐダメになるんじゃないの?

 

と思っている方。たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

 

私も保管用にガレージがなく、屋外保管じゃダメなんだろうと思いながらもずっと外で保管してきた人間です。バイクがどんどんさび付いて、劣化していくんだろうと思っていました。

 

でも大丈夫。私が初めて購入したバイクは7年間外置きににしていましたが、さほど痛むことはなく元気に動いてくれていました。

 

今は売ってしまいましたが、最後まで全く問題なかったし、いい値段で下取りもしてくれました!

 

 

当時の愛車保管法

 

私が初めてバイクを購入したのが2012年6月でした。購入したバイクはCB400SF REVO。HONDAの人気車種ですね!

 

当時は保管場所が屋外しかなく、その上砂利道という最悪のコンディションでした。

 

それでもバイクが欲しかった私は購入して砂利道に保管しておりました。

 

結局のところバイクにバイクカバーをかけていただけです。そして1ヶ月に一回くらいは水洗いで洗車をして、ボディにはワックス、エンジンやマフラーには耐熱スプレー、金属パーツには潤滑油(KURE556とか)、チェーンは500kmに1回グリスアップ、前後のサスペンションのピストン部には毎回シリコンスプレーするなど、なるべくバイク全体を油まみれにして水気に触れないようにというのは気を使ってはいました。

 

そういった細かいメンテナンスをやるのは面倒ですが、大好きな愛車が劣悪な保存環境の中少しでも長くのれるようには仕方ないことです。

 

やはり砂利道の上での保管。下から巻き上がってくる土ボコリや水分をもろに受けてしまいます。ハンドル周りにまで舞い上がってくるもんだから恐ろしい。

 

なのでバイクに乗るたびに軽く拭いてやる必要がありました。バイクカバーを開けるたびに埃をかぶっていましたから。

 

そして、屋外保管で最も注意するべきことは台風の時の備えです。これで私は苦い思いを2回くらっています。強風でバイクがひっくり返るんです・・バイクカバーが強風であおられるせいで。これを見たときはマジで辛かった。Twitterを見ていても屋外保管の方が台風時にバイクが吹っ飛んでいる投稿が見受けられます。

 

なので強風時の備えは必須です。風の影響を少なくするため建物のそばに置く。建物など強固なものとバイクをひもでくくりつける。バイクカバーが風であおられるのが厄介なので、台風などの強風が予想されるときはバイクカバーがバタつかないようにひもでぐるぐる巻きにするなど対策は必須。逆にもぉバイクカバー外してしまってもいいかもしれませんが。

 

そんな保管状況で7年間乗ってきたわけですが、錆などで出てきてしまうのは当たり前です。そんな時、赤錆部分は錆転換剤で黒錆に転換する。エンジンやマフラー部分は耐熱塗装スプレーで補修するということをやってきました。今でも覚えていますがサスペンションのシリンダー部分の錆だけはどうにもできなかったんですよね。こればかりは錆の進行を遅くするために注油をこまめにやるのが精一杯でした。

 

 

ガレージ保管に変えて

 

現在所有のZX-14Rとクロスカブ110はガレージで保管しております。床もコンクリート造りなので下からの湿気もありません。快適。

 

当たり前のことですが、ガレージ保管はいいです。雨風や紫外線に当たらないというのはもちろんのこと、防犯面でも安心感があります。屋外においておくのは、バイクカバーをしてはいるもののここにバイクがあるよ!とさらけ出しているわけですからね。

 

とはいえ、ガレージを持つというのはそう簡単ではないですよね。私の場合は家を購入したのでガレージを造ることができたわけですが、そんな簡単に家を買ったりはしないでしょう。

 

バイクが好きすぎて、絶対に屋外に保管はしたくないというなら、多少の保管スペースがあるアパートやマンションに引っ越すのもありでしょうか。都心ならそういうニーズもありそう。探せばそういった物件が出てきそうですよね。

 

 

総括

 

ということで、CB400SFREVOを7年間屋外に保管してきた私ですが、健全な状態を保つことができ、問題なく下取りに出すことができました。

 

今考えてみると、当時50万円で購入したバイクを7年間乗って30万円で下取ってもらったんですよね。人気車種恐るべし。

 

余談ですが、後に知り合ったバイク仲間でYAMAHAのFJR1300に乗ってる方がいたのですが、その方もたまたま私がCB400SFREVOを購入した時にFJR1300を購入して、私が下取りに出すと同時期にFJR1300を下取りに出しました。FJR1300は100万円以上で購入しておりましたが、下取り価格は30万円。

 

不人気車種・・とは言いませんが、車種でこんなにも下取りに差が出てしまうんですね。本人は「こんな不人気車種なら30万も値が付けばいい方だ」とは言っておりました笑

 

ということで、バイクの屋外保管。気を使えばやってやれないことはありません。バイクは屋外保管でもなんとかなりますので、みんなバイクに乗ろうよ!という記事でした笑

 

それでは!

 

関連記事

雪虫の臭いの落とし方と、塗装の具合を報告します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です