DOSANKO Rider's CHANNELはこちらから

携帯性&バッテリー持続抜群のイヤホン、WI-C310レビュー

皆さん、こんにちは!

今年も残すところ1週間程度になってしまい、

3日後はクリスマスですよ!

 

私のような人間にとっては1年で一番嫌いな日・・

というのは置いておきまして、

 

今回は、

クリスマスプレゼントにもおススメできるイヤホンをレビューします!

 

以前使用していたイヤホンが使えなくなってしまい、

いよいよ交換の時期を迎えましたので、

深く考えず、良さそうなものを直感で買いました笑

 

購入したイヤホン

 

私がイヤホン選びで外せなったポイントは

購入理由

ワイヤレスタイプであること

バッテリーが10時間以上持つこと

以上の2点

 

そこをふまえた上で購入した商品がこちらになります!

 

SONYWI-C310

 

商品の詳細についてはこちらをご覧ください。

 

価格はAMAZON3,800円程度でした。

 

イヤホンの具体的な仕様はこのようになっております。

ヘッドホン部 *1
型式 密閉ダイナミック型
ドライバーユニット 9 mm
マグネット ネオジウム
質量 *2 約 19 g
ヘッドホン部(その他)
電源 DC 3.7 V:内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間 約3時間
充電方法 USB充電
電池持続時間(連続音声再生時間) 最大15時間
電池持続時間(連続通話時間) 最大15時間
電池持続時間(待受時間) 最大200時間
マイクロホン部
型式 エレクトレットコンデンサー
指向特性 全指向性
有効周波数帯域 50 Hz-8,000 Hz
付属品
USBケーブル USB Type-C™ ケーブル(USB-A – USB-C)(約 20 cm)
イヤーピース ハイブリッドイヤーピースS,M,L(各2)
保証書
取扱説明書
リファレンスガイド
Bluetooth
通信方式 Bluetooth標準規格 Ver.5.0
出力 Bluetooth標準規格 Power Class 2
最大通信距離 見通し距離 約10m
使用周波数帯域 2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
変調方式 FHSS
対応Bluetoothプロファイル *3 A2DP(Advanced Audio Distribution Profile),AVRCP(Audio Video Remote Control Profile),HFP(Hands-free Profile),HSP(Headset Profile)
対応コーデック *4 SBC, AAC
対応コンテンツ保護 SCMS-T方式
伝送帯域(A2DP) 20Hz-20,000Hz(44.1kHzサンプリング時)

 

 

開封

 

それでは早速開封していきましょう!

 

物を買った時に一番ワクワクするのって、

開封ですよね!

 

パッケージの横、後ろはこんな感じ。

コンパクトなパッケージになっております。

 

内容

内容

イヤホン本体

USB-Cケーブル

イヤーパッド3つ(本体装着含)

説明書等

 

本体

 

 

付属品

 

 

書類

 

 

本体詳細

まずは、このイヤホンの外観を見ていきましょう!

イヤホン部と、

たわら型の操作部とバッテリー部から構成されております。

 

イヤホンのスペック

特筆すべきは

仕様

重量がたった19g

バッテリーが15時間持続

 

この軽さで、このバッテリー持ち、

首からぶら下げていても邪魔にならないし、

バッテリーも気にせずに使用できます。

 

外観

 

操作部もコンパクトで邪魔になりません。

 

バッテリー部分も同じ大きさで邪魔にならない。

 

同じ大きさですね。

 

磁石でイヤホン同士くっつきます。なので絡まりにくく、がさばらない。

 

 

装着感

自分に合ったイヤーパットを選べばそれなりに装着感はしっかりしますが、

ちょっと耳から落ちやすいような気がしました・・

個人的に装着感はあまり良いと思いませんでした。

 

 

首から下げるとこんな感じになります。

めっちゃ首太い人みたい笑

本体重量が19gということもあり、全く邪魔になりません。

 

使用感

音質

音質は個人的にすごく大好き!

4,000円程度のイヤホンでこのレベルの音質なら大満足です!

 

印象としましては

全体的にバランスの良いイヤホンだなという印象です。

中高音域が綺麗に聴こえ、

低音域はあまり主張しないながらもベースラインは聴こえる程度という感じ。

 

Bluetoothのイヤホンで、この価格で、ここまでの音質か。。。

すげぇぇ。。。

というのが率直な感想です。

 

ワンランク上のWI-XB400は

低音に特化しているみたいなので

低音好きな方はこちらが良いかもしれません。

値段は上がりますけどね!

 

操作性、機能性

操作性も悪くないと思います。

イヤホン側のボタン操作でいろいろできるのが便利!

スマホとBluetooth接続もスムーズにできました。

 

また、電源をONした時に、

バッテリー残量やBluetooth接続が完了したこともアナウンスされるので状態がすぐわかります。

アナウンスがなぜか英語なんですが・・設定で変更できるのかな?

 

 

まとめ

 

このイヤホンを他人に勧めるかと言われれば・・

勧めます!

 

4,000円程度の価格で

この音質、バッテリー持ち、携帯性・・・

 

コスパは抜群じゃないでしょうか??

 

装着感はあまり好きではありませんが、

それは人それぞれ異なるでしょう。

 

本当はこのイヤホン、

もっと良いイヤホンを買うまでのつなぎで使うつもりでしたが、

もうこれでいいかも!笑

 

ということでWI-C310のレビューでした。

 

 

それでは!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です