100万円を持って大都会東京からど田舎北海道へ行きたいあなたに

はい!

移住支援系ブロガー

くまです!

 

嘘です笑

 

今日はたまたま移住関係のことを調べていたら

面白いものを見つけたので

紹介しようと思った次第です。

 

少し前談となりますが、

 

私がこのブログを運営しているのは

北海道で永遠に生きていこうと決めた私が、

北海道でこんな楽しいことしてますよとか、

北海道はこんなに美味しいものありますよとか。

そういうことを発信していきたいからなのですが。

 

前々からわかっていたことがあります。

 

楽しいのかもしれないけど、

北海道に住まないとできないじゃん!

って話ですよね。

 

だから。。。

 

北海道へ移住する方へ向けての

情報発信もしていけなければならないはず!

 

なので少しずつ

そういう情報を調べて

発信していくことにしようと思います。

 

このブログを運営する上での目標は

北海道に魅力を感じてもらって

北海道に住みたいなぁと思ってもらい、

北海道へ行く!!

と誘導すること!

 

つまり最終形態は洗脳ブログをつくること笑

 

ということで今回は

その足がかりとして

北海道へ移住される方へ

素敵な制度があったのでご紹介させていただきたいと思います。

 

ただし、この制度はいろいろ面倒くさい条件があります。

厳しいなぁもぉ。。

 

制度の名前は移住支援金。

詳しくはこちらのホームページにありますが。。

www.pref.hokkaido.lg.jp
移住支援金特設ページ(移住者向け)北海道【UIJターン新規就業支援事業】 | 経...
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/rkr/ui-turn/H31wakuwaku-iju-page.htm

こういう制度のホームページってわかりにくいじゃないですか。

なので、少しかいつまんで書いていきたいと思います。

 

東京から北海道へ移住するにあたって最大100万円もらえるという制度です。

 

新生活を始めるのはいろいろお金がかると思います。

100万円あればだいぶ違うはず。

 

もちろん条件があります。

 

条件は大きく分けて3つ。

・移住元に関する条件

・移住先に関する条件

・就職に関する条件

です。

 

移住元に関する条件は

・今住んでいる場所が東京23区に5年以上住んでいる

・東京圏に5年以上在籍して、東京23区に通勤していた

のどちらかを満たしている。

 

移住先に関する条件は

・移住支援金対象の市町村に移住する

 

就職に関する条件は

・道が開設するマッチングサイトに掲載している求人に就職する

仕事の幅は建設業や福祉関係、IOTなど幅広いです。

やはり給料は北海道価格。

20万円前後が多いですね。

良くても30万円くらいといったところ。

東京で仕事をしている方からすれば薄給ですよね。

 

詳しくはこちらのパンフレットをみていただければよく分かりますよ!

www.pref.hokkaido.lg.jp
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/rkr/ui-turn/wakuwaku-ijusya-pamphlet.pdf
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/rkr/ui-turn/wakuwaku-ijusya-pamphlet.pdf

 

 

また、

この制度を使ってお金をもらっても、、

以下のような場合、返金のリスクがでてくるようなので

注意も必要です。

・3年以内の転出、一年以内の辞職は全額返済

・3〜5年以内に転出した場合半額返済

 

こういったこともありますので、

絶対に北海道に5年以上住む!という自信がない場合・・

お金をもらってもすぐに使わない方が良いかもしれませんね。

最悪返金すればいいだけの話ですから。

 

もしくは、100万円くらい東京で1年働けば貯金できるなら働いた方がいいかも。

 

 

まずもって、東京での給与とはかけ離れていますので

北海道で仕事を始めたばっかりだとお金がたまらないかもしれませんね。

 

でも北海道は

・満員電車はありませんし。(札幌圏はあるかも笑)

・待機児童って何?って話ですし。

・通勤時間を短くできますし。

・一軒家を手に入れられます。

 

田舎に来て得られるものも多いはず!

 

私においても、

北海道ベースの平均年収以下ではありますが、

一軒家を持ち、車庫を建てて、車とバイクを所有して、土日はしっかり遊べます。

そんなに余裕はないので、普段の飲み会に行くことも少ないし、

コンビニなどでのちょこちょこ浪費は全くしませんが、

それでも北海道でやりたいことを少しずつ実現できています。

 

こういった制度を利用しつつ、

収入と支出のバランスを管理すれば、

北海道でも十分に楽しい生活が送れると思いますよ!

 

最後に、

北海道はいいぞーーー!おじさん。笑

 

それでは!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です