DOSANKO Rider's CHANNELはこちらから

アイリスオーヤマのLED投光器がイイ!

こんにちは、くまです。

 

無事車庫も完成し、

バイクも納車され

順風満帆な人生を送らせてもらっています笑

 

今回の記事ですが、

車庫の照明のこと。

 

車庫の照明は

普通に天井に蛍光灯をつけようと考えていたのですが、

 

いや待てよ。。

 

投光器の方が

バイクの整備時も移動できるし

今なら性能の良い投光器が

たくさんあるんじゃなかろうか。

 

ということで、

予算10,000円くらいの中で、

いろんな投光器を探して

私が購入を決断した投光器がこちらになります。

 

 

アイリスオーヤマ

LEDワークライト 屋内用 10000lm

結局予算度返しの18,000円くらい笑

 

購入してから1週間ほど使用いたしました。

使用しての良し悪しを書いていきますね!

 

良いところ

すごく明るい

照明を移動することができる。

電気代が安い

熱くなりずらい

角度を柔軟に変えられる

軽い

 

 

まずとにかく明るい。

10000lm(ルーメン)

という脅威的な明るさを誇ります。

ルーメンというのは光の明るさを表す単位ですが、

詳細は割愛いたします。

 

で、

10000lmというのはかなり明るいです。

 

実際にどのくらいの明るさになるのか。

購入した投光器を使用した状態で

夜に車庫内で撮影をしました。

 

こんな感じで

普通に撮影ができるレベルです。

 

もちろん、

車庫内での整備も余裕の明るさ。

 

 

移動させることができるので

整備箇所にピンポイントで

照明を当てることができます。

 

天井に取り付けるなどの

固定式のライトだと

整備したい箇所に光が行かず、

暗い中の作業になりがちですが、

この投光器だと

作業がだいぶ楽になりそうです。

 

そして、

この明るさで

71Wという

驚異的に低い消費電力です。

 

アイリスオーヤマ公式通販サイトの情報だと、

従来のハロゲンライトの投光器は10000lmで500W。

 

従来のものとは比較になりませんね。

 

ちなみに私は、

車庫の電源は家の外電源から

電気を使っていますが、

15アンペアまでという制限があります。

 

15Aなので、

1500Wまで使えますが、

整備に使用する工具というのは

けっこう消費電力が大きいものが多い。

 

なので、

照明の電力を抑えることで、

照明を使いながら、

他の工具も使うことができるので、

省エネの照明器具はかなりうれしいです。

 

 

もちろん明るくて

消費電力が少ないということは、

それだけ無駄な熱を発生しないので、

本体が熱くなる心配もないです!

とは言っても、多少熱くはなりますけど笑

 

最後に

向きを自由に変えることができます。

このように

上や

 

 

反り返らせることもできますね笑

 

 

 

他にも、

高さが

88~185cmまで調整可能

 

 

それぞれのパネルを動かすことも可能。

 

光の調整はかなり広範囲にできてすごくいいです。

 

背面にスイッチがついています。

 

 

ライト背面にコンセントがついているので

400Wまでならここから電源がとれます。

 

 

悪いところ

値段が高い

場所をとる

ケーブルが邪魔

 

 

まずもって値段がめちゃくちゃ高いです。

アイリスオーヤマ公式通販サイトでは

税抜16,800円という値段。

ライトひとつ買うのにこの値段はすごく迷いました。

 

AMAZONだともう少し安く出ていました。

 

そして場所を取ります。

三脚付きのライトなのでこれは仕方ありません。

 

最後にケーブルが少々邪魔になる時があります。

これも仕方ないことなのですが笑

移動できるタイプなので

ケーブルの取り回しはつきものです。

 

ということで、

アイリスオーヤマのワークライト。

今のところかなり満足のいく商品です。

 

あとは長年使用して行く中で、

仕様の40000時間もつのか。

その辺の耐久性など確認できればバッチリですが。

それはまだかなり先になりそうですね!

 

ということで

照明器具の選択肢としてはありだと思います!

 

それでは!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です