DOSANKO Rider's CHANNELはこちらから

キャンツー準備完了!くまが選んだキャンプギア紹介!

 

 

こんにちは、くまです。

 

バイクの納車はもう少し先の私ですが、

バイクより先にあらかたキャンプ道具が揃いました!

 

それにしても、

キャンプ道具って揃えるとなかなかの値段しますね!

一人用のキャンプ道具は持っていなかったので

一から揃えるのは大変でした!

 

それでも、

バイクでキャンプに行くために、

・軽量

・コンパクト(小さい)

・機能性

この3点を重視して道具を揃えました!

 

今回は、

私が購入したソロキャンプ道具をすべてご紹介したいと思います!

 

まだ実際に使ってみていないので、

良し悪しは今後レビューをしていきたいと思っております。

 

それでは一挙ご紹介!

 

テント

まずはテントから。

私が購入したテントはBUNDOK(バンドック) ツーリング テント BDK-18です。

 

 

 

BUNDOKというあまり聞き慣れないメーカーですね笑

私も初めて聞きました。

 

このテントを選んだ理由は2つ。

・軽量

・安価

 

AMAZONでおよそ5,000円で購入しました。

そして重量が2.3㎏だったこと。

バイクでキャンプする場合、荷物の重量は抑えたいところ。

 

いろんなテントを見ましたが、

1人用でも重いものは4㎏オーバーもあったので、

比較的軽いこれにしました。

 

ただし弱点もあります。

品質はあまりよくなさそう。(開封してみてポールやナイロンの質は良くなささそう。値段相応です。)

インナーが狭い(長さ約200cm×幅約110cm)

 

まずはお試しも兼ねてテントは安いものから始めました。

 

どの程度耐久性があるか、

防水性があるか、

組み立てやすさ等々。

 

レビューしていけたらと思います。

 

マット

寝るときに下に引くシルバーマットです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ用マット 【Sサイズ】を購入。

最初はエアーマットを買おうかと思っていましたが、

膨らますのも大変だし、値段もそれなりにするし、

結局このシルバーマットにしました。

 

グランドシート

グランドシートはテントの下に引くためのシートです。

インナーテントの生地を守ったり、湿気を防いでくれたりするらしいので、購入してみました。

購入したのはロゴス ぴったりグランドシート 正方形タイプ(192cm×192cm)

 

 

必要性については今のところ分かりませんが、

ないよりかは、、あったほうがいいのかな??

値段も1,300円くらいだったのでとりあえず購入といったところです。

 

シェラフ

次にシェラフ(寝袋)です。

 

購入したシェラフはこちらです。

LATTCURE 寝袋 シュラフ 冬用 封筒型

 

 

シェラフもいろいろ悩みました。

いろいろ悩んだ結果、、、

基本的にキャンプツーリングは暖かい時期しか行かないので、

さほど暖かいシェラフは必要ないと思い、

安価で比較的良さそうなものを選びました。

 

また、チャックを開ければ布団になる機能も欲しかったのでこれを選びました。

 

商品を触ってみた感じは、

値段相応ですね。

けっこうペラペラで、夏以外の時期に使用するのは寒そうです。

 

とりあえず使用してみないことにはわからないので、

実際使ってみて

今後、使用感などをレビューしたいと思います。

 

チェア

私が絶対に外せなかったアイテムです。

HELINOXのチェアワンL。

 

このイスは非常に高価なのでとても迷いましたが、

やはり外せなかったです。

 

何と言っても、

・コンパクト

・軽い

・丈夫そう

・座り心地抜群

 

実際にアウトドアショップで座ってみましたが、

すぐに購入を決意しました笑

座り心地が抜群なんですよ。

安定感があって、包み込まれる感じ。

これならいつまでも座っていられるなぁと思いました。

 

キャンプにいったら一番長く使うのがイスですよね。

イスを妥協したら、絶対にキャンプがつまらなくなってしまうと思ったので、

ここは妥協せず、最高級のものを選びました。

 

ちなみに私はチェアワンLを購入しましたが、

これはチェアワンより一回り大きいものです。

私は身長が178cmで、横幅もやや大きめなので

試し座りした結果チェアワンLがしっくりきたので

こちらにしました。

 

テーブル

一人用のテーブルなのでなるべく小さく、軽いものを探しました。

いろいろ見た中で決めたのがこちらの、キャプテンスタッグ アルミロールテーブルです。

 

 

軽さ、小ささは抜群でした!

デザインもかっこいい!

カラーリングがお洒落です!

ただ丈夫さは・・・あまり期待できなさそう。

1人キャンプで使うだけなので、たぶん問題はないと思います。

 

組み立ても簡単であっという間です。

 

このテーブルはなかなか役に立ってくれそうな気がします!

 

クッカー

今回外せなかったアイテムその2!

trangiaストームクッカーLデュオーサルです!

写真右下のものがストームクッカーLデュオーサルになります。

 

ストームクッカーは

アルコールバーナーを使って調理する器具です。

こちらの商品に、

アルコールバーナー、土台、鍋、フライパンが入っており。

これ一つあれば料理ができちゃう商品になっています。

 

私はストームクッカーの中でもデュオーサルというモデルを買いました。

これは、外側がアルミニウム、内側がステンレスになっている合板です。

アルミニウムの熱伝導の良さと、ステンレスの丈夫さの良いとこどりをしたモデルになっています。

 

他にも、やかん、ストームクッカー用EVAケース、マルチディスク21cm(鍋、フライパン用のふた)、燃料ボトルを購入しました!

 

ストームクッカー

 

ケトル0.9L

ケトルはネットで買おうと思ったら非常に品薄で買えませんでした。

売ってはいるけど、正規の値段より高いし。。。

結局、札幌市にある秀岳荘に1つだけあったのでそちらで購入しました。

 

ストームクッカー用EVAケース

ハードケースに近い固さです。

物としてはかなり丈夫でいい気がします。

 

マルチディスク21cm

 

燃料ボトル

1ℓのものを購入しましたが、

ちょっと大きかったです。

1つ下のサイズの0.5ℓでもよかったかもしれない笑

 

ガスバーナー

ストームクッカーだけでも調理は事足りるのかもしれませんが、

熱源が2つ欲しかったので、

ガスバーナーも購入しました。

 

購入したのは超有名どころ

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

 

他にも専用のケース、防風、バーナーパットを購入しました。

 

こちらの商品はいろんな方がレビューしていて、

かなり高評価のものなので

まずいいものと思って間違いないと思います。

 

私も早く使ってみたいです。

 

キャンプの前に、

家の前で使ってみようかな笑

 

メスティン

メスティンとは

trangiaから発売されている飯盒(はんごう)のことです。

ついつい調子に乗って、大小2つのサイズを購入してしまいました笑

見た目も中身もただのでかい弁当箱なのですが、

メスティナはアルミニウム製なので高い熱伝導率を持っており、

ご飯が美味しく炊けちゃうよ!っていう代物。

 

もちろんごはん以外にもいろいろなメニューを作ることができます。

 

これは使ってみたかったので、

即購入。

 

この商品もネットで品薄なんですよね。。

購入できても正規の値段より高かったり。

 

こちらも札幌市の秀岳荘で購入しました。

秀岳荘様様です笑

 

火力のあまり強くないストームクッカーでもごはんが美味しく炊けるそうで、

使うのがとても楽しみです。

実際に使う前にしっかり使い方を勉強しておかねば。

 

リアシートバッグ

キャンプツーリングに絶対になくてはならないのが、

積載用のケースやバッグです。

これがなければバイクでキャンプに行けない笑

 

今回私が積載用として選んだものは

タナックスキャンピングシートバッグ2です。

 

この商品を選んだ理由は、

・機能性が高い

・積載用のものの中では値段が安い

・容易にバイクから取り付け、取り外し可能

 

購入したキャンプ道具を入れてみましたが、

余裕でした。

まだまだゆとりがあります。

 

もうキャンプツーリング準備は万端です笑

 

 

以上、私が購入したキャンプ道具でした!!

 

迷いに迷い、

購入したものばかりです!

昨年の冬くらいから何を買うか考えていたので、

けっこう厳選したつもりです!

 

キャンプ道具選びの参考になれば幸いです!

 

今後、実際に使用してみた感じをレビューしたいきたいと思いますので

よろしくお願いします。

 

それでは!

 

 

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です