DOSANKO Rider's CHANNELはこちらから

CB400SF REVOのスパークプラグを交換した時の話

 

 

くま
こんにちは、くまです。

 

 

くま

みなさん、スパークプラグをご存知ですか?

ガソリンエンジンには必要不可欠なパーツで、

エンジン内のガソリンを点火させるために火花を飛ばす部品。

それがスパークプラグです。

 

 

この部品が不具合を起こすと、

エンジン内のガソリンが爆発しないので、

走行不能になってしまう可能性があります。

 

そんな大切な部品、スパークプラグですが、

この部品の交換頻度ご存知でしょうか。

2輪の話でいうと・・・

スパークプラグの有名メーカー、NGKのホームページを見てみると、

3000㎞~5000㎞で交換です!!(そんなに頻繁に交換しないですけどね笑)

 

 

ということで今回は私の愛車、

CB400SF REVOのスパークプラグを交換方法をご紹介したいと思います。

 

・CB400SF REVOのスパークプラグ交換をしたい方。

ご参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

スパークプラグ交換手順

 

CB400SF REVOは4気筒エンジンなので、

のスパークプラグは赤丸のあたりに4つ並んでついているのですが、

 

そのままだと完全にタンクが干渉していてスパークプラグを外すことができないんです。 

 

 

なのでまずはタンクを外すことから始めます。

 

 

写真に書いてある手順で進めればタンクを外すことができます。

 

 

 

 

1.シートを外す
これは問題なくできるはず。

 

2.サイドカバーを外す

サイドカバーはサイドカバーについているネジをボルトを一本外して、

そのまま引っ張れば外すことができます。

両サイド同じです。

 

3.タンクを外す

これが難しいです。

手順は、

・シート下にあるタンクを止めているボルトを一本外す。

・タンクを少し浮かせて、干渉している電気配線カプラーを1つ外す。

・燃料の配管を外す。

・ドレンの配管も外した。ような気がします笑

・タンクを外す。

 

という流れになりますが、

 

燃料の配管を外すのが非常に苦労しました。

燃料配管は写真の赤丸部分を外しますが、

かなり難しいです。

グレーのパーツをこじりながら外すようなイメージです。

また、燃料配管なので、外すと燃料がこぼれてくる可能性があります。

下にウエスをひいておいた方がいいでしょう。

 

 

 

外すとこんな感じ

 

ここまでやればエンジン上部についている電気ケーブルを外して、

スパークプラグを交換するだけです。

 

ちなみにタンクを外すと、

エアクリーナーの交換もできます。

エアクリーナーは3本のネジでとまっている蓋を外せば交換できます。

 

エアフィルターは綺麗でした。

3万キロくらい走った状態でこれ。

 

 

スパークプラグに戻りまして、

スパークプラグはイリジウムのものにしました。

 

 

 

エンジン上部についているスパークプラグです。

こんな感じで取り付いています。

CB400SF REVOは車載工具にスパークプラグを外す工具が入っているので、

そちらを使いました。

 

スパークプラグを取り付ける際は、

スパークプラグに規定の取り付けトルクや回転数が書いているはずなので、

そちらを参考にすればよいと思います。

 

 

外したスパークプラグ、

けっこう黒い。

1万キロ以上走るとこんなんなるんですね。

 

 

以上、スパークプラグの交換でした。

写真だけの説明だとわかりにくくてすみません。

 

それでも作業の流れはわかると思うので、

参考にしていただければうれしいです。

 

やっぱり整備動画とか撮りたいですね。

 

次のバイクからは整備動画とかで情報発信していきたいな!

 

 

それでは!

関連記事

CB400SF リアショック(リアサス)交換

CB400SFREVOのスプロケット清掃

CB400SF revoのオイルを変えよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です