DOSANKO Rider's CHANNELはこちらから

隼。Z900RS。Ninja H2SX。ZX-14R。CB1300SF。・・・悩むわぁ。

こんにちは、くまです。

 

まだまだ2019年始まってばかりではございますが、

次のバイクシーズンに向けていろいろ考えている私です!

 

まずもって、

私は今バイクがありません!!

 

以前乗っていたバイクCB400SFだったのですが、

去年大型免許取得できたので、

大型バイクへ乗り換えるべく売ってしまいました。

 

すごくいいバイクだったのですが、

やはり大型バイクに乗りたい。。

 

ということで今回は、

大型バイク何買おうの回です!

 

私が欲しい大型バイクの条件ですが、

・かっこよい!

・北海道で長距離ツーリングに適している

・そこそこ荷物が詰める(キャンプツーリングのため)

 

この条件で選んだのが、タイトルにもあるように・・

 

・隼(GSX-1300R)

・Z900RS

・Ninja H2SX

・ZX-14R

www.bright.ne.jp
 
株式会社ブライト
http://www.bright.ne.jp/lineup/zx-14r/
株式会社ブライトのオフィシャルウェブサイトです。

・CB1300SF

 

です!

というか、ほぼかっこよさ重視で選んでますが!

どのバイクも積載力そんなにありません笑

 

全部ほしいところですが、

この5台からどれを買うか!?(買えるかは別として笑)

 

くまが選ぶ独断と偏見まみれの大型バイク選びですが、

各バイクのスペック等も比較してみたいと思いますので、

大型ツーリングバイクを選ぶ際の参考にしていただければ

幸いです!

私も真面目に考えます!

 

また、今回の比較するにあたって

バイクは一番下のグレードで比較してみたいと思います!

 

そして、それぞれの評価項目を5点満点として

一番得点の多かったバイクを買う!!!!かもしれない・・・笑

 

 

かっこよさ

これは人それぞれですよね!

というか、これがすべてと言っても過言ではない!

バイクは趣味ですから!!

経済性は関係ない!

乗りたいものに乗ればいいんです!

 

ということで完全に私の偏見で点数付けすると。。。

 

隼・・・4点

Z900RS・・・5点

Ninja H2SX・・・4点

ZX-14R・・・4点

CB1300SF・・・5点

 

私はやっぱりエンジンむき出しのネイキッドが好き!!

なのでZ900RSとCB1300SFが5点ですね!

 

快適性

北海道での長距離ツーリングを考えると、

快適性においてはカウル付きが秀でているでしょう!

 

周りの大型バイク乗りに聞いても、

カウル付きは風を受けないので楽。

 

そしてネイキッドは、風がキツイ。

なので結構体力を奪われるんですよね。

 

カウル付きと言えど、

隼、H2、ZX-14Rはやや前傾気味になるみたいですが、

それでも快適性はカウル付きに軍配かと思います。

 

隼・・・5点

Z900RS・・・3点

Ninja H2SX・・・5点

ZX-14R・・・5点

CB1300SF・・・3点

 

とします。

 

積載力

これについてはどれも変わらないかな。って感じがします。

どのバイクもリアシートを利用するしかないです。

 

必要ならパニアケースやトップケースをつける。

リアシートバックを利用する。

などが必要になりますね!

 

Ninja H2SXには純正パニアケース

CB1300SFには純正トップケースがありますので、

それらを装備するのも手です。

各バイク、社外品のトップケース、パニアケースは

たくさんあるでしょうけどね!

 

点数ですが、

Ninja H2SXが若干リアシート小さそうなので、、

 

隼・・・3点

Z900RS・・・3点

Ninja H2SX・・・2点

ZX-14R・・・3点

CB1300SF・・・3点

 

どのバイクも積載力は全然ないですね。

シート下に若干の積載があるものもあるかもしれませんが、、

そんなに大きくはないでしょう。

 

重量(取り回しやすさ)

基本的には、

軽いバイクは取り回しやすいし、

重いバイクは取り回しが大変。

 

なんだかんだ取り回しやすいほうが

転倒させるリスクも減りますし、

体力も使わないし。

 

各バイクの重量は、

隼・・・266㎏(燃料・潤滑油・冷却水・バッテリー液を含む総重量)

Z900RS・・・215㎏

Ninja H2SX・・・256㎏

ZX-14R・・・269㎏

CB1300SF・・・268㎏

 

隼以外、燃料や潤滑油等含んでいるのかわかりませんが、

Z900RSがひいでて軽い。

次にNinja H2SXという感じですね。

CB1300SFはネイキッドだけど意外と重いんですね。

1300㏄のエンジンならこのくらいになってしまうんですね。

 

重心の高い低いで取り回しやすさは変わるでしょうが、

実物を見てみないとわからないので

そこは考慮せず点数付けします。

 

点数は

隼・・・3点

Z900RS・・・5点

Ninja H2SX・・・4点

ZX-14R・・・3点

CB1300SF・・・3点

 

燃費

バイクの燃費を気にする方いらっしゃいますか?

私はめちゃ気にします笑

趣味はお金がかかるものだけど、

抑えられるなら抑えたいですからね笑

 

燃費はWMTCモード値で比較します。

WMTCモード値は実用燃費に近いと感じています。

※WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。

走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。

 

隼・・・17.6㎞/L

Z900RS・・・20.0㎞/L

Ninja H2SX・・・17.9㎞/L

ZX-14R・・・18.0㎞/L(レビューサイト参考)

CB1300SF・・・16.8㎞/L

 

ZX-14Rは逆輸入車のため、燃費がわかりませんでした。なのでユーザーレビューの値を参考にしました。

Z900RSが良くて、CB1300SFは劣る。

他はほぼ横並びという感じですね。

隼は長距離で20㎞/Lを超えると聞いたのですが。

どうなのかな。

 

点数は、

隼・・4点

Z900RS・・・5点

Ninja H2SX・・・4点

ZX-14R・・・4点

CB1300SF・・・3点

 

価格

最後に大事な価格比較。

 

今や大型バイクは200万、300万あたりまえですからね!

車かよって笑

 

早速比較してみましょう。

 

隼・・1,609,200円

Z900RS・・・1,328,400円

Ninja H2SX・・・1,998,000円

ZX-14R・・・1,684,800円

CB1300SF・・・1,483,920円

 

やっぱりNinja H2SXは断トツ高いですよね!

スーパーチャージャーエンジンだし、装備もいろいろ素敵だし、仕方ないか笑

 

次に隼、ZX-14Rが横並びといったところ。

 

そして、CB1300SF、Z900RSが続きますね。

 

ということで、点数は

 

隼・・3点

Z900RS・・・5点

Ninja H2SX・・・2点

ZX-14R・・・3点

CB1300SF・・・4点

 

 

結果発表!

それでは、総合得点の発表にまいります!

 

各バイクの点数は・・・

 

隼・・22点

Z900RS・・・26点

Ninja H2SX・・・21点

ZX-14R・・・22点

CB1300SF・・・21点

 

ということでZ900RSが一位となりました!!

 

よし、じゃあ、Z900RSを契約してくるか!!

って言いたいところですが笑

 

やっぱり実物見てから決めたいです笑

Z900RSはカウルないから長距離きついし、

その辺どうするかも決めなくちゃいけないし。

 

 

結論

 

バイク選びは難しい・・・笑

 

 

 

それでは!

関連記事

スポーツツアラーは偉大だという話

ZX-14R購入!&1000㎞乗ってのインプレッション!

ZX-14R 2019モデル納車!もはや彼女レベル!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です