DOSANKO Rider's CHANNELはこちらから

CB400SF リアショック(リアサス)交換

 

 

はい!!くまです。

 

今回は、今は無きCB400SF REVOのネタを書きますね!

 

以前の記事でも書いておりますが、

大型バイクに乗り換えるべく

2018年8月頃に長年の愛車であったCB400SF REVOを手放しまして、

今はバイクのない私です。

 

くま
すっげぇいいバイクだったから・・手放すのが辛かった。。

 

さて、CB400SF REVOの何の話かというと、

リアショック(リアサスペンション)を交換した時の写真が大量に残っていたので、

リアショックの交換方法についてご紹介したいと思います。

 

・CB400SF REVOのリアショックを交換したい方

・CB400SF REVOのリアショックを交換しなければいけない方

 

参考にしていただければ幸いです。

 

また、本記事はあくまで参考としてください。

ご自分で交換を行って車両の破損等が生じても責任は負えません。

ご了承ください。

 

 

リアショック交換の理由

 

リアショックを交換した理由について軽くお話しておきます。

 

理由
壊れたから

以上笑

 

その時の状態がこれです。

 

こんな感じでオイルがだらだらとこぼれてきました。

錆もひどいですよね。

 

この状態で走っても特に違和感を感じることはなかったのですが、

安心して乗っていられませんよね。。

 

最初は直すことも考えましたが、

調べてみると

リアショックは直したりしないで交換するのが一般的のようなので、

交換してしまおうと思いました。

 

購入したリアショック

 

購入したリアショックはこちらです。

U-CPオリジナルサスペンション イエロー&ゴールド

 

 

 

オーリンズなどの有名なサスペンションも考えましたが・・

くま
高すぎて買えない・・

 

とりあえず間に合わせということで

この時はこのリアショックを選びました。

 

14000円程度の安価なリアショックではありますが、

普通にツーリングでの乗り心地はとても良かったです。

最初についていたSHOWAの純正部品と比較しても

大きな違いはありません。

購入してよかったと思いました。

 

リアショックを取り付ける

取り付け前の注意点

 

サスペンションの交換は一本ずつ行いましょう。 

 

CB400SF REVOは2本のリアショックで支えていますが、

両方同時に外してしまうと・・・

 

想像つきますよね。

 

私も両方同時には外さなかったのですが、

もし外していたら、車体を支える力がなくなるので、、

どうなるのかちょっとわかりませんが、、怖いですよね。

 

なので1本交換し終わったら、

もう1本を交換する。

 

そんな感じでやった方が良いと思います。

 

リアショックを取り外す

まず、リアショックを外します。

私が外した時は・・

・まず平らな場所にセンタースタンドをかけました。

・そして片方のリアショックを外しにかかります!

 

外すためにはボルトを2つ外します。

 

くま
外すボルトは写真の黒丸2つのボルトです。

写真が少々切れていて申し訳ありません。

こちらは右側のリアショックになります。

 

上の部分は六角レンチ

下の部分はソケットレンチで外すことができました。

レンチのサイズは忘れてしまいました。

申し訳ないです汗

 

ボルトを外すときは、

外すときの力加減を覚えておくといいです。

そうすれば取り付けるときに同じ締め付け具合にできるからです。

取り付けるときは、外すした時よりも若干力を弱めに締め付けるとちょうどいいと

自動車整備士の知り合いからききましたので、私はいつもそのようにやっています。

 

また、右側のリアショック、下部分のボルトは

マフラーが干渉しボルトを外すのに非常に苦労しました。

 

マフラーは外さなくても作業はできましたが、

もし厳しいようであれば、マフラーを外してしまった方がいいでしょう。

 

取り外すとこのように

上部分です。

くま
ちなみに写真奥をみてもわかるように、左側のリアショックはつけてままです。

 

 

 

下部分の取り付け台座。

 

せっかくリアショックを外したので両方ともきれいにそうじをしました。

 

リアショックを取り付ける

それでは、新しいリアショックを取り付けましょう。

取り付けるときに苦労した点がありました。

 

リアショックの上側が全然はまらなかった。

はまらなかったのは赤丸の部分です。

中側がゴムになっていて、滑りがわるく全然ハマりませんでした。

いろいろ試行錯誤しましたが、

すごく簡単に取り付ける方法を見つけました。

 

ゴムを侵食しないシリコングリスを内側に塗ると、すぽっと簡単にはまりました!

 

あとはボルトを締め付けて完成です。

 

外した時よりも若干弱めのちからで締め付けます。

規定トルクで締め付けるのが一番良いんですけど、

トルクレンチって高くて買えないんですよね。

 

同様に左側もやりましょう。

 

完成!走り出そう!

 

以上で完成!

あとはリアショックのセッティング(プリロード)など

細かいこともありますが、

私もその辺はよくわからないので、

納品されたままの状態で使っておりました!

 

取り付けしたリアショックはこんな感じになりました。

 

 

黄色、かっこよい。

純正は赤色ですが、

黒い車体に黄色いリアショックはありでした!

 

 

黄色だとこのようになります。

いかがでしょうか?

個人的には赤よりも好きです。

というか黄色が好きなんですよね笑

 

ちなみに、役目を終えた純正リアショックですが、

写真では綺麗に見えますが、もうあちこち錆びていてダメです。

お疲れさまでした。ということで処分いたしました。

 

 

以上、リアショックの交換方法でした。

 

それでは!

関連記事

CB400SF REVOのスパークプラグを交換した時の話

CB400SFREVOのスプロケット清掃

CB400SF revoのオイルを変えよう

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です