DOSANKO Rider's CHANNELはこちらから

棚DIY!その5 組み立て完成

こんにちは、くまです。

前回までで木材の加工はすべて終わりました!

 

今回が最後です!(*’ω’*)

お付き合い願います!

 

木材の組み立て

 

それでは、加工が終わった木材をどんどん組み立てていきましょう!

木材の組み立ては比較的早いです。

 

中華料理は下準備が8~9割みたいに言いますが、

 

棚づくりも一緒だと思います。

木材加工が一番大変で、

組み立てはどんどんネジを打ち込んでいくだけ!

 

組み立てる順番はとくにないです笑

私は図面の赤丸部分から組み立て始めました。

 

組み立て方は

木材を組み合わせて

入りにくい場合は、ハンマーでたたいて調整。

 

それでも入らない場合は、木材が割れてしまう危険性があるので

金やすりで削るか、のみで少しそぎ落とします。

 

ぴったりはまるように作った方が、

強度が上がるので、

少しきついくらいがちょうどいいと思います。

 

木材を組み合わせたら

コーススレッドを打ち込みます。

 

まず、私の場合、一度ドリルで下穴をあけます。

いきなりコーススレッドを打ち込むと、

木材が割れてしまうことがあるので、こうやっています。

 

木材の厚みが45㎜なので

コーススレッドは41㎜のものを使いました。

一か所に2本のコーススレッドを打ち込んみました。

 

とりあえず赤丸部分が完成。

はしごとしても使えそう笑

 

ここから、①の木材も組み合わせて、

下段も作っていって、

ここまできました。

だいぶ棚っぽいですね!

 

残りの木材を組み合わせて、

OSB材を取り付けて完成!!

 

OSBの切るところの写真を撮り忘れてしまいました(;’∀’)

OSB材に線を引いて、勇気を振り絞って丸ノコで切るだけなので

できます!笑

OSBは横幅1200㎜、奥行600㎜に切っています!

 

 

あとは好きなものを収納!

私は衣装ケースを入れる用にこの棚を作ったので、

衣装ケース多め。

 

これにて棚完成です( *´艸`)

 

このぐらいの棚でも

慣れていないとかなり時間がかかってしまいますが、

できたときの達成感は大きいですよ!

 

これだけ大きい棚は、買うとかなり金額も張りますし、

自分の使いやすい棚は見つかりにくいと思います。

 

なので、時間があれば、自分の使いやすいように設計して、

作ってみてはいかがでしょうか!

 

5つにもわたって記事を書いてきましたが、

お付き合いいただきありがとうございます(*’ω’*)

棚づくりの参考になれば幸いです。

 

ご質問ありましたら、

記事のコメント欄やメールフォームから質問してくださいね。

 

最後に、人気ブログランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いいたします^^


北海道ランキング

 

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です