DOSANKO Rider's CHANNELはこちらから

北海道胆振東部地震を経験して

こんにちは、くまです。

全然ブログが書ける状態ではありませんでした(p_-)

 

本当にひどい地震でした!

 

私の部屋もこの有様でした。

(私の部屋のものほとんどが落ちやすい状態で保管されていました(°▽°)  )

 

 

被害の1番ひどい厚真、早来の方はまだ断水が続いているようで、

早く復旧してくれればいいのですが。

 

 

話は地震が起こった日にさかのぼりますが、

地震が起こった瞬間に停電してしまいました。

その時は深夜3時過ぎだったので本当に真っ暗でした。

 

そのとき役立ったのがこれですね。

タクティカルライトです。

部屋一つかなり明るくできるので、あって本当に助かりました!

 

それから大容量のモバイルバッテリー。

これも本当に助かりました。

 

とりあえず日中はやることがないので、書き物や、動画の編集などをしましたがノートパソコンのバッテリーはあっという間に尽き果て、

 

その後はスマホを使っていましたが、携帯の中継基地のバッテリーが切れてしまったようで通信ができなくなりました。

 

いかに普段電気に頼った生活をしているかと言うのが身に染みてわかりました。

 

 

 

地震が少し落ち着いてから外の様子を見るために、車を走らせてみましたが食料を調達するためにコンビニ、スーパーでの長蛇の列。

ガソリンスタンドには数百台の車。

 

みんな食べるものがないのと、

携帯を充電するために車のガソリンを求めていたんだと思います。

 

ちなみに信号もまったくついていないので運転がめちゃくちゃ大変でした。

 

 

地震から2日後くらいには電気も回復して、ある程度普通の生活を送れるようになりました。

 

 

 

今回の地震では多くを学びました。

 

 

・生活用水が手に入らない可能性があるためある程度の水を常時ストックしておく。

・電気が使えないのでモバイルバッテリーとライトを複数用意しておく。

・救援物資は3日後に届くことが多いので、少なくても3日分の食料は常備しておく。

・車のガソリンは常に半分以上にしておく。

 

地震に備えた常備品

・生活用水

・ガス台

・ライト(複数)

・モバイルバッテリー(複数)

・ガソリン(携行缶に)

・灯油

・最低3日分の食料

・発電機(できれば)

・電気なしで使えるストーブ

 

まだまだいっぱいあるような気もしますが、最低限はこんなところかな。

 

地震、大変。

 

それでは!

2 件のコメント

  • 北海道人❗️頑張るど!震度1、2、3………の揺れに慣れて来る自分が怖い……( ̄(工) ̄)

    • コメントありがとうございます!とりあえずは地震の影響も落ち着き、
      普通の生活を取り戻しております。

      揺れに慣れる。わかります。
      私もちょっと揺れてるくらいだと、「あー揺れてるなー」
      くらいにしか思わないようになりました笑
      人間はどこまで慣れっこになれるのか(´Д` )

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です