DOSANKO Rider's CHANNELはこちらから

レザーマン サイドキック(LEATHERMAN SIDEKICK)は所有感満点

 

 

くま
一生もの買ってみた!

 

 

アウトドア好きにはわかってもらえると思いますが、

マルチツールと呼ばれる、いろんな道具がひとつになってるもの。

欲しいんじゃないかと思います。

 

私も前から欲しかったマルチツールを購入しました。

それがこちらです。

 

 

レザーマンというメーカーを聞いたことある人の方が少ないのではないでしょうか?

マルチツールのメーカーとしてはかなり有名なメーカーです。

 

パッケージ内容

 

本体、ケース、カラビナ、保証書&説明書となっています。

 

本体

 

全体的にシルバーになっています。材質はステンレス系です。

 

手の中にすっぽり納まります。

重量は200g程度なので程よい重量感で、手にしっくりきます。

すごく好印象です。

 

 

ナイフ

本体を展開していきましょう。まずはナイフ。

材質はステンレス。刃を触った感じはめちゃくちゃ切れるという印象はないです。

切れ味でいえば炭素鋼にはかなわないです。

釣りのてぐすを切ったりとか、そういうことには使えそうです。

 

ナイフの全長は6cmです。

 

のこぎり

次は反対側についているのこぎりを見てみましょう。

こんな感じです。全長は6cm。

用途としては、小さな小枝を切るのに使えるくらいでしょうか。

キャンプでちょっと焚火するのに薪が欲しい。

そんなときには使えそうです!

 

ナイフとのこぎりを展開するとこんな風になります。

 

プライヤー

さて、このツールのメインになります

プライヤーを展開してみましょう!

このようなプライヤーになるんです!

アウトドアで鍋をつかんだり、バーベキューの網をつかんだり

そういうときのためにこのツールを欲しいと思ったんですよね。

 

展開した状態での長さはおよそ16cm。

プライヤーにはバネが入っていますので、力をかけていない状態では

必ず開くようになっています。

 

レザーマンでプライヤーにバネが入っているモデルは

サイドキックとウイングマンの2つだけです。

サイドキックとウイングマンの違いは

サイドキックにはのこぎり、ウイングマンにはハサミがついています。

 

私はバネ入りのプライヤーでのこぎりも欲しかったのでサイドキックを選びました。

 

まだまだ道具がついています。

上から、ロープを切るときなどに使える波刃ナイフ。

スケール(センチメートル、インチの2つついています。)

栓抜き/缶切り

カラビナ(紐をかけたりするのかな?)

 

スケールの裏面は

やすりがついています。

 

プラス、マイナスドライバーになっています。

 

厚みはプラスドライバーが3㎜、マイナスドライバーが1.5㎜くらいです。

剛性は高いです。力をかけても曲がったりはしません。

 

以上が本体の紹介です。

 

付属品

 

付属品のカラビナを紹介します。

全長6cmのカラビナになります。

栓抜きと六角レンチがついております。

 

上部にはNOT FOR CLIMBINGとありますので、

人の体重をかけてつかうことはできません。

 

このカラビナ自体に実用性はあまりありませんが、

カラビナとしてみたときに、

かっこいい!!!笑

 

 

総評

 

所有感満点のレザーマン、サイドキック。

個人的には持っているだけで大満足笑

 

それぞれの道具については、

マルチツールの道具なので

それ専門の道具と比較すると到底及びません。

 

ですが、これ一つ持っておけば、

とっさにナイフやのこぎりなど必要になった時には

間違いなく役にたちます。

 

その辺の安いマルチツールについている道具とは

比べ物にならないくらい作りはしっかりしています。

 

しかもレザーマンは25年保証という驚異の保証がついています。

どこまで保証してくれるのかはわかりませんが笑

 

値段はめちゃくちゃ高いですが、

これ一つ持っておけばマルチツールは他にいらないし、

一生使っていけるものだと思います。

 

気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

最後に、人気ブログランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いいたします^^


北海道ランキング

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です