DOSANKO Rider's CHANNELはこちらから

フロントフォークコーティングにシリコーンルブリカント

こんにちは、くまです。

先日の土曜日にバイクの洗車をしたついでに、

私の使っているケミカル用品を紹介しようかなぁと思いまして、

撮影をしました!

 

今回は

 

相変わらずのWAKO’Sです笑

やっぱり物がいいのでつい買ってしまいます。

こちらはシリコーンルブリカントという商品です。

これを何に使っているかというと、

バイクのフロントフォークに使っています。

フロントフォークはバイクの前方についている銀色の筒(インナーチューブ)ですね笑

これが外側の大きな筒(アウターチューブ)に内包されています。

もうだいぶ錆ついたり、塗装が剥げているのが分かると思います。

 

フロントフォークというのはバイクへかかる衝撃を吸収する部品なのですが、

フロントフォークは筒の内部に大きなバネがついていて、油で満たされています。

衝撃を吸収する際、このインナーチューブがアウターチューブの内部に入り、

バネと油圧の力で押し戻されるといった機構になっています。

 

話が少し脱線してしまいましたが、

このシリコーンルブリカントを使用する箇所は

インナーチューブ。

ここにシューっと吹き付けて、ウエスで均一にのばしてやります。

ここまで傷んでいるフロントフォークを放っておくと

あっという間に錆が広がってしまいますので

こまめにシリコーンルブリカントを吹き付けております。

 

それにしても、普通にCURE556とかじゃダメ?って思われますよね。

もしかしたら大丈夫なのかもしれませんが、

フロントフォークにはゴムパッキンが使用されていますので

CURE556のようなゴムを侵食するタイプの油は基本使いたくないのです。

ゴムを侵食しないタイプのものが理想です。

 

正直言ってここまで高いシリコーンルブリカント以外でも

代替品はあると思いますが

そこはWAKO’S信者なので笑

 

 

最後に、人気ブログランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いいたします^^


北海道ランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です